安全衛生管理体制

安全衛生活動をすべての活動の基本として捉へ、すべての活動において最優先して取り組んでいます。一人ひとりの安全と健康のためにできることを社員と共に考え、日々実践しています。

安全衛生組織

安全衛生活動計画

立案した改善計画は常に検証を繰り返し、最善を追求してまいります。

PDCA

安全衛生活動

安全衛生委員会を組織化し、業務災害発生時の内容(発生理由、災害状況、対応策、再発防止策など)が報告され、必要に応じて組織全体に再発防止の展開をしています。また「災害ゼロから危険ゼロへ目指そう安全文化の構築を」をもとに、全従業員の安全と健康を守っています。

安全衛生活動

安全衛生手帳

入社時研修にて安全衛生手帳安全衛生手帳を活用しています。

安全衛生手帳

安全衛生改善活動

テーマ・フォーマットを決め、フォーマット安全衛生パトロールを計画・実施。不安全状態・行動の洗い出しを行います。安全衛生委員会にて改善を提案し、ハードの改善及びソフトの安全教育を実施します。

安全衛生改善活動

職長教育

労働安全衛生法第60条にもとづき、新たに職務につく職長、その他作業中の職長教育労働者を直接指導または監督するのに対し、安全衛生教育を行っております。職長教育を行うにあたり、社内講師としてRSTトレーナー5名を認定しています。

職長教育

安全衛生教育

全従業員に対して定期的に安全衛生教育安全衛生教育を実施。リーダーや管理者向けのプログラムも設けています。

安全衛生教育